JUGEMテーマ:ひとり親家庭

2015年7月26日(日)ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社にて、第18回 全国食事サービス活動セミナーが開催されました。3日前に偶然このセミナーを知り、まだ空きがあるか問い合わせをして参加が実現しました。「子ども村:中高生ホッとステーション」の活動が、私が考えているこども食堂に近い形だったので、お話しを伺ってみたいと思いました。

九段下
▲首都高速5号 池袋線の脇に目的地があります

ジョンソン・エンド・ジョンソン
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の本社

ジョンソン・エンド・ジョンソン本社ビル
▲本社内カフェテリアが会場です

主催:一般社団法人 全国老人給食協力会

共催:社会福祉法人 ふきのとうの会
  :東京食事サービス連絡会

後援:厚生労働省
  :東京ボランティア・市民活動センター
  :公益財団法人 さわやか福祉財団
  :特定非営利活動法人高齢社会をよくする女性の会

協賛:ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会
  :明治安田生命保険相互会社
  :味の素株式会社
  :日産労連リック局
  :東京福祉バス株式会社
  :綜合警備保障株式会社 渋谷支社

ジョンソン・エンド・ジョンソンのエントランス
▲セミナー参加費は昼食代込みの3,000円でした

一般社団法人 全国老人給食協力会
▲主催者の開会挨拶

一般社団法人 全国老人給食協力会 代表理事である、石田 惇子さんの開会挨拶からセミナーが始まりました。
開催趣旨
本年度のセミナーでは、「食べることから考えるコミュニティケア」と題し、「介護度を上げないための『食べ方』『暮らし方』」、「中学・高校生への食と学習の支援を行う居場所の運営」、さらに認知症や高齢期うつの個別ケースを通じ、見守りのノウハウを共有するグループワークを取り上げました。参加型福祉による支え合いのコミュニティを食の切り口から学び、活動の充実と新たな取り組みの創出の契機としましょう。

子ども村 中高生ホッとステーション
▲事例報告:子ども村 中高生ホッとステーション

こども食堂を通じて、子供たちの集る場所・学習支援を行うなどの居場所づくりが出来ないかと考えていました。「子供の貧困」はさまざまな問題を生んでいます。私が一番問題視しているのは、「経済格差が学力格差を生んでいる」ことです。これが、負の連鎖を生んでいる起因であると考えています。勉強だけではなく、色々な世代が集まり交流することにより道徳も学べる、そんな居場所づくりを目指しています。
今回、子ども村:中高生ホッとステーションの大村さんのお話しはとても参考になりました。一度見学に伺ってみたいと思います。

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

こども食堂を知ったとき、すぐに思いついたのが「フードバンク」という社会福祉活動でした。「こども食堂とフードバンクを結んだら、面白い活動になるんじゃないかな」と。そして、まずメッセージフォームにて、活動団体に打診してみました。

私が社会福祉活動のフードバンクを知ったのは、おそらく約10年前だったと思います。日経ビジネスの記事に、「セカンドハーベスト・ジャパン」が紹介されていました。飲食業界に従事していた私は、その活動にとても感銘を受けました。

フードバンクとは

フードバンクとは、「食料銀行」を意味する社会福祉活動です。
まだ食べられるのに、さまざまな理由で処分されてしまう食品を、
食べ物に困っている施設や人に届ける活動のことを言います。

出典:セカンドハーベスト・ジャパン

フードバンクシンポジウムに参加したり、ボランティア活動にも参加した経験があります。過去にこの体験があったから、「子どもの貧困・孤食」に強い関心を抱いたのかもしれませんね。

まだ、セカンドハーベスト・ジャパンからの返答がありません。次のアプローチ方法を考えます。また、「練馬区でもフードバンク活動を」との気持ちもあります。
 
セカンドハーベスト・ジャパン
▲リボンマグネットをお店の冷蔵庫に貼っていますよ!
(Food for all people)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

練馬区情報番組「ねりまほっとライン」

活動カレンダー

ジャパンギビング

Twitter

Facebook

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM