JUGEMテーマ:ひとり親家庭

今月も温かいご支援に、あらためて心より厚く御礼申し上げます。前回の活動日に見学に訪れたご住職さまから、お供え物のおすそわけをいただきました。本業のお客様からお米をいただいたり、NHKの番組を見て食材の寄贈に関するお問い合わせもいただきました。

お供え物
▲お供え物のおすそわけ

お米の寄贈
▲重いのにわざわざお店まで届けていただきました

ダイコンこども食堂
▲子供たちの「エプロン」と「バンダナ」を用意しています

ダイコンこども食堂は、調理室で一緒に夕飯を作ることができます。友だちを誘って気軽に立ち寄れるように、「エプロン」と「バンダナ」を用意しています。もちろん親子でも参加してください。練馬産の旬野菜を使うことで、郷土愛を育む食育の場にもなります。

どうぶつしょうぎ
▲「オセロ」と「どうぶつしょうぎ」

押し入れに眠っていたオモチャを家から持ってきました。オセロって日本で生まれたボードゲームなんですよね!どうぶつしょうぎも懐かしい。

春日町南地区区民館
▲大広間

夕飯までの間は大広間で遊んだり宿題をしたりして過ごしてください。子ども達や保護者の方はもちろん、春日町地域の交流の場になるよう育てていきたいです。

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

2015年10月24日(土)田園調布で開催された「子どもの貧困対策実践交流会」に参加しました。主催は「なくそう!子どもの貧困 全国ネットワーク」です。ダイコンこども食堂に「学習支援」を取り入れたいと考えておりますので、NPO法人ビーンズふくしまの副理事長である鈴木さんのお話を楽しみに伺いました。

沼部駅
▲沼部駅から会場に向かいました

東光院
▲情緒のある東光院

田園調布本町の桜坂
▲奥に見えるのがかの有名な桜坂です!

福山雅治の「桜坂」
▲大ヒットした福山雅治さん「桜坂」のモデルとなった場所

嶺町集会室
▲嶺町集会室が会場です

子どもの貧困対策実践交流会
▲「子どもの貧困対策」実践交流会2015

中嶋 哲彦さん(名古屋大学大学院教授/「なくそう!子どもの貧困」全国ネット ワーク世話人)
▲中嶋 哲彦さん(名古屋大学大学院教授)

名古屋大学大学院教授の中嶋哲彦さんのお話が、とても興味深かったです。 お話も資料もとても分かりやすくまとめられていました。

・OECDの文章で日本と海外の貧困事情に違いがあることがある。 海外の貧困家庭は「親が職を失っている」、しかし日本では「親が働いているのに」貧困であること。 賃金や雇用の安定が問題であると指摘。
・貧困は広く存在するが偏っている、身近な問題として認識できないのだろうか?
・子どもの貧困は親の低所得に起因するもので責任は親にあるとか、貧困にある子どもには必要な支援をするが 貧困の離脱は子ども自身の努力と自己責任でといった、「貧困=自己責任」論が関与しているのではないか。
etc.

中嶋教授の「子どもの貧困対策推進法」と「子供の貧困対策大綱」に対する指摘・解説は共感できるものばかりでした。
12月上旬刊行予定の「なくそう!子どもの貧困」ハンドブック。この本のPR文に「〜学習支援・子ども食堂・居場所づくりにかかわる市民・学生など、子ども支援に たずさわる方々に役立てていただきたい1冊です。」とあります。 ここにも子ども食堂の注目度が表れていますね。


pdf 「なくそう!子どもの貧困」ハンドブック (0.52MB)


鈴木 稜さん(NPO法人 ビーンズふくしま 副理事長)
▲鈴木 稜さん(NPO法人 ビーンズふくしま 副理事長)


鈴木さんのお話は体験談がふんだんに盛り込まれいて、子供たちの生の声を聞けてとても参考になりました。不登校・若者支援から「子どもの貧困」と出会った経緯。福祉のインフラを構築するために、行政などの関係機関とカンファレンスを何度も根気強く実施したことなど。貴重なお話をありがとうございました。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

練馬区情報番組「ねりまほっとライン」

活動カレンダー

ジャパンギビング

Twitter

Facebook

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM